中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

研究資料漢文学〈第1巻〉思想(1)―論語・孟子・大学・中庸 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
戦後の中学・高校教材とされた漢文を網羅し、学術的研究成果を最大限に取り込んだ注解・解説を付す。1では「論語」「孟子」「大学」「中庸」の四書の中から、日本の文化に大きな影響を及ぼしたものを収載。92年刊の新装版。

史記の風景 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古代中国2000年のドラマをたたえて読み継がれる『史記』。中国歴史小説屈指の名手が、そこに溢れる人間の英知を探り、高名な成句、熟語のルーツをたどりながら、斬新な解釈を提示する。この大古典は日本においても、清少納言、織田信長、水戸光圀、坂本龍馬にと、大きな影響を与えていたことに驚愕させられる。世のしがらみに立ち向かった先人の苦闘が甦る101章。

内容(「MARC」データベースより)
商業や喪服、暦、靴の始まりは何か。なぜ中国人は名とあざなの両方を持つのか。十干十二支に関する不可思議な謎について…。古代中国人の生き方に触れ、「人間の歴史と文明」を考える。現代文明を照射する101の思索の手掛かり。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

中国正史倭人・倭国伝全釈 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
『漢書』から『旧唐書』まで、倭人・倭国について記した中国の正史の原文と読み下し文を掲げ、詳細な語注と解説をほどこす、鳥越“倭族論”の集大成。

内容(「MARC」データベースより)
倭人とは何者か? 「漢書」から「旧唐書」まで、倭人・倭国について記した中国の正史の原文と読み下し文を掲げ、詳細な語注と解説をほどこす。「倭族論」の集大成。

いまさら聞けない三国志の大疑問 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
一冊で「三国志」通になれる即効レッスン!「登竜門」はいったいどこにあった門なのか?諸葛孔明の軍師としての才能と、宰相としての能力はどちらが上?この時代の地図はどの程度正確だったか?…ほか気になる謎をズバリ解明。

内容(「MARC」データベースより)
悪役として語られる曹操は、そもそもどこが悪いのか? 結局、「三国志」で最後に勝ったのは誰? 「登竜門」とはどこにあった門なのか?など、気になる謎をズバリ解明。一冊で「三国志」通になれる即効レッスン。

西遊記〈3〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
沙悟浄も加わり、ますます賑やかな一行。しかし団体さんにもめごとは付きもの、悟空がかっこよく妖怪を片づけるのが、荷物かづきの八戒には面白くない。雄ブタの嫉妬は禍のもと、嘘をふきこまれた三蔵は、師匠思いの一番弟子をとうとう破門する。新訳。

中国の古代文学〈2〉史記から陶淵明へ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古い国家の羈絆から解き放たれ、自らの運命に生きはじめた孤独な生活者たち。彼ら「士人」は体制への埋没を拒否し、自然の情感に沿って天の道に合しようとした。「天道是なるか非なるか」と厳しく問うことによる文学精神の成立から、現実を避けて桃源郷を求める創作詩にまでいたる、文化の道筋を探る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。43年立命館大学法文学部卒。84年から96年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

伝習録 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『伝習録』は近世最大の思想家、王陽明の言行録であり、陽明学の本質を著した基本書である。王陽明は、明の儒学を代表する人物で、心即理(心と道理は一つのものであること)・知行合一(知識と行いは一つのものであり、それによって道理に適うこと)・致良知(良知は人が生まれながらに持っている完全なもので、これを発揮すればすべての道理に適うこと)を唱えて空論を排除し徹底的実践を説いた。本書はそのエッセンスをまとめたものである。

内容(「MARC」データベースより)
中国古典の原文の読みどころに、書下し文と解説・背景を加えた、読みやすくて、コンパクトなシリーズ。近世最大の思想家・王陽明の言行録にして陽明学の本質を表した基本書「伝習録」のエッセンスをまとめる。

中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
中国文学の原点である『詩経』と『楚辞』の成立、発想、表現を、『記紀万葉』と対比し考察する。古代共同体的な生活が破壊され、封建制が根付いたとき、人々はそれぞれの運命におそれを抱き、そこに古代歌謡が生まれた。この巻でとり扱った時期は、古代中国人が神を発見し、また失う過程を示すものである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。43年立命館大学法文学部卒。84年から96年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

西遊記〈8〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
三蔵みずからお斎をもらいに向かった家は、七匹の女妖の住む盤糸洞。ようよう救い出されるも、黄花観で八戒、悟浄ともども毒に倒れる。その効きめたるや、三日のうちに骨も髄も腐るという。悟空はひとりなす術もなく、せつない思いで涙にくれる。

漢文を学ぶ〈4〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
なになに?「たまにはテレビを消そう。自分の目で『見て』みよう。」なんとこれ紀元前三世紀の韓非子「犬馬難。鬼魅最易。」を敷衍したものだ。テレビを受け身で眺めているうちに、それが実物とはちがう疑似映像だということをつい忘れてしまう。自分の意志で「自分から」「見るつもりで」「見る」ことが大事。

内容(「MARC」データベースより)
古の漢籍から名言を引き、紹介する書の第4巻。単なる解説を超えて現代社会、世相へと鋭く切りこむ文章は時に辛辣、時にユーモラス。漢文の魅力をわかりやすく伝える18篇。

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}

oooもっと知りたい!練馬区ooo デジモク-DIGIMOKU-ooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo Fight!格闘技オタク!ooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo Rest for a momentooo 千葉の道の駅ooo 千葉の滝さがしドットコムooo IIS設定備忘録ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo ひんやりooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo ビバ!プリプレスooo 鶯谷・うぐいすだにooo 千葉野菜王国ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo