中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

五行大義〈下〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
先秦から隋までの五行説を集大成・分類した「五行大義」は、日本の平安貴族文化、陰陽道、仏教などに多大な影響を及ぼした書物。その複雑多岐な内容を平易に解釈する。下巻には原本の4、5巻を収録。

史記“列伝” (新書)

出版社からの内容紹介
『史記』は、深く歴史に関わり、後世忘れることのできない多様な人間像が、ドラマチックに描かれたものである。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
『史記“列伝”』は、深く歴史に関わり、後世忘れることのできない多様な人間像が、ドラマチックに描かれたものである。地位の高低、事の成否を問わず、大臣・将軍・学者・商人から侠客・刺客にいたるまで、一代で名声を馳せ、あるいは不遇に生涯を終えたとしても後世に名を残すような人物を取り上げている。

三国志演義〈4〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
赤壁の戦いの後、孫権と劉備の関係は急速に険悪となるが、劉備と孫権の妹との政略結婚が成立した。また曹操は大敗にもめげず北中国の支配基盤を固める過程で、謀殺された父の報復に燃える西涼の馬超と壮絶な戦いを繰りひろげ、これを撃退する。その後、劉備は確実な拠点確保のため軍勢を劉璋の蜀にすすめ、二年半の歳月をかけて攻略しついにその支配者となり、曹操は漢中を平定して魏王となった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
井波 律子
1944年富山県生れ。1966年京都大学文学部卒業。国際日本文化研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

水滸伝〈7〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
梁山泊に集結した百八人の好漢たちは、義の旗をかかげ、朝廷に帰順。乱れた世を正すために行動を起こすが、彼らの台頭を喜ばぬ高〓(きゅう)ら奸臣たちに辺境へ辺境へと遠ざけられる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
駒田 信二
1914‐1994年。三重県生まれ。作家、文芸評論家、中国文学者。長年、早稲田大学客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

水滸伝の世界 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
豪傑108人が痛快にあばれまわるものがたり、水滸伝。梁山泊の総大将がなんとも情けない男なのはなぜか。英雄は色を好むのか。みごとに描きわけられた殺人のタイプとは。さまざまな顔をもつ女傑の魅力は―。水滸伝のおもしろさ、それをめぐることがらの広さと深さへ誘う、希代の本読みによる案内書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高島 俊男
1937年、兵庫県相生うまれ。東京大学大学院修了。専攻中国文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

李賀―その人と文学 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
中国の古典詩歌の優れた伝統を学ぶとともに、独自の芸術スタイルを創造し、唐代の詩壇、中国の詩歌史上に異彩を放った"李賀"の詩歌をとりあげて解釈すると共に、その詩歌の思想的意義や芸術的成果、詩風形成の要因などについて概括的に紹介し評述する。

宋詩概説 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「中国歴代の大帝国のうち、もっとも文化的」であった宋代。蘇軾、陸游、王安石、梅堯臣ら当時の詩人は、社会と人生に対する巨視の哲学を詩にしめし、日常の生活を微細に詩にうつした。悲哀を止揚し、静かな喜びをもたらす宋詩の性格を「唐詩は酒、宋詩は茶」と喝破し、以後の中国文学史の流れを決定づけた名著。

完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「左伝」等、日本の教養の根幹であった中国古典24篇を取り上げ、テーマに即しながら、その内容を紹介する。1984~85年刊「中国古典の人間学 正・続」を合本し、見直し、書き加え、修正をしたもの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
守屋 洋
著述業(中国文学者)。昭和7年、宮城県生まれ。東京都立大学中国文学科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
中国文学の原点である『詩経』と『楚辞』の成立、発想、表現を、『記紀万葉』と対比し考察する。古代共同体的な生活が破壊され、封建制が根付いたとき、人々はそれぞれの運命におそれを抱き、そこに古代歌謡が生まれた。この巻でとり扱った時期は、古代中国人が神を発見し、また失う過程を示すものである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。43年立命館大学法文学部卒。84年から96年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

西遊記〈10〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
西方み仏の地に足を踏み入れた一行,平穏無事の旅はまこと極楽の地を行くごとし.いよいよ苦難の旅の終わりも間近,大天竺国にさしかかり,通行手形に玉璽を賜わらんとす.国をあげて賑やかなその日,婿選びの綉球(まり)投げで彩楼から三蔵を狙うのは,取経の聖僧と契ろうとして待ち受ける,国王のにせ公主であった.(全10巻完結)

内容(「BOOK」データベースより)
千里を行くものは九九九里をもって半ばとす。西方み仏の地に足を踏み入れると、平穏無事の旅はまこと極楽の地を行くごとし。ところが大天竺国では、なんと国王のにせ公主が一行を待ち受ける。困難の途の終りも間近とて、三蔵のピンチはなおも続く。

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}
{知られざる中国文学の世界。} {サワークリームのカオリ}

ooo幕張UFOooo 台東紀行ooo AV機器ooo ジューシーな肉料理ooo 千葉の水のおはなし.COMooo お笑いタレントooo ファッション.コレクションooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 中野区居住化計画ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 葛飾区を知れ!ooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo 千葉県の重要文化財一覧ooo カレー大好きキレンジャー!ooo 新型インフルエンザマスクooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo