中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

完訳 水滸伝〈2〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
蔡太閤の誕生祝いの金銀珠玉を奪ったことがばれ,中央から腕利きの警吏が盗賊探索のため人数を引き連れてやってきた.幸い,その応対をした地方官の1人が宋江,晁蓋とは親しい仲.危険を知らされた晁蓋・呉用・公孫勝らは難を避け,追っ手の官軍を思うがままに翻弄しつつ梁山泊に逃れる.(巻の12-巻の22)

内容(「BOOK」データベースより)
蔡太閤の誕生祝いの金銀珠玉を奪ったことがばれ、腕利きの警吏が人数を引き連れてやってきた。幸い、その応対をした地方官が宋江。危険を知らされた晁蓋・呉用・公孫勝らは難を避け、追っ手の官軍を思うままに翻弄しつつ梁山泊に向かう。巻の十二から巻の二十二を訳した。

西遊記〈3〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
沙悟浄も加わり、ますます賑やかな一行。しかし団体さんにもめごとは付きもの、悟空がかっこよく妖怪を片づけるのが、荷物かづきの八戒には面白くない。雄ブタの嫉妬は禍のもと、嘘をふきこまれた三蔵は、師匠思いの一番弟子をとうとう破門する。新訳。

私の漢文講義 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
漢文の指導・研究に一生をささげた碩学が、死の直前まで書き綴った原田流漢文奥義書であり、古典漢文を軽視する風潮を憂えて遺した警世の書。

内容(「MARC」データベースより)
「漢文こそ日本の古典」「漢字は世界で最も秀れた文字」と言い、漢文の指導・研究に一生を捧げた碩学が、死の直前まで書き綴った原田流漢文奥義書であり、古典漢文を軽視する風潮を憂えて遺した警世の書である。*

完訳 水滸伝〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
武芸十八般の達人や妖術使いら108人愛すべき豪傑たちのとんでもない武勇譚。

中国文章家列伝 (新書)

出版社/著者からの内容紹介
あるいは史書を編みあるいは詩文を作り,また画筆をとり,書に遊ぶ人びと-前漢の司馬遷から清代の鄭板橋・呉敬梓に至る雄大な中国文学の流れの中から10人の文章家を選び出して,その人と作品を縦横に語る.時の権力に対峙する者,背を向ける者,自立を目指す者,十様の生の軌跡が確かな輪郭で歴史の中に浮び上がる.

内容(「BOOK」データベースより)
あるいは史書を著しあるいは詩文を作り、また画筆をとり、書に遊ぶ人びと―前漢の司馬遷から清代の鄭板橋・呉敬梓に至る雄大な中国文学の流れの中から十人の文章家を選び出して、その人と作品を縦横に語る。時の権力に対峙する者、背を向ける者、自立を目指す者、十様の生の軌跡が確かな輪郭で歴史の中に浮かび上がる。

史記 本紀 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『史記本紀』は、太古の黄帝から漢の武帝までの歴代帝王の事跡を活写したものである。「五帝本紀」「夏本紀」「秦始皇本紀」「項羽本紀」「高祖本紀」など12巻から成る。本書では、権力者の活躍と愚行、栄光と悲劇を描いた名文の多い「秦始皇本紀」「項羽本紀」などから、『史記本紀』の読みどころとなる箇所を取り上げた。

内容(「MARC」データベースより)
中国古典の原文の読みどころに、書下し文と解説・背景を加えた、読みやすくて、コンパクトなシリーズ。太古の黄帝から漢の武帝までの歴代帝王の事跡を活写した「史記本紀」のエッセンスを集める。

伝習録 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『伝習録』は近世最大の思想家、王陽明の言行録であり、陽明学の本質を著した基本書である。王陽明は、明の儒学を代表する人物で、心即理(心と道理は一つのものであること)・知行合一(知識と行いは一つのものであり、それによって道理に適うこと)・致良知(良知は人が生まれながらに持っている完全なもので、これを発揮すればすべての道理に適うこと)を唱えて空論を排除し徹底的実践を説いた。本書はそのエッセンスをまとめたものである。

内容(「MARC」データベースより)
中国古典の原文の読みどころに、書下し文と解説・背景を加えた、読みやすくて、コンパクトなシリーズ。近世最大の思想家・王陽明の言行録にして陽明学の本質を表した基本書「伝習録」のエッセンスをまとめる。

詩経 (新書)

出版社からの内容紹介
『詩経』は殷から春秋時代までの詩・歌謡三百余篇を採録。中国最古の韻文集として当時の民族・風習を伝える資料ともなっている。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
殷から春秋時代までの詩・歌謡三百余篇を採録した『詩経』は、民謡・宴会の歌・戦いの歌・祭りの歌などを扱っている。喜びにつけ悲しみにつけ、素朴な表現の中に新鮮な感動が力強く表現された作品が多く、また中国最古の韻文集として当時の民族・風習を伝える資料ともなっているものである。

中国艶妖譚―『灯草和尚』・新訳『遊仙窟』 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ランプの灯心から出てきた三寸法師。楊家の女たちを篭絡し繰り広げる痴態の数々―本邦初完訳の『灯草和尚』。唐代に書かれ、中国文学史上、性交描写初登場の『遊仙窟』(新訳版)。文献としても貴重な、いずれ劣らぬ、妖しくて艶っぽい逸品二話。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
土屋 英明
1935年、兵庫県生まれ。早稲田大学文学部卒。映像製作会社を退社後、文筆家。中国の文化と文学を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

西遊記〈5〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
三蔵の一行は、朝に行き夕べに宿り、飢えに耐えながら旅を続けて道のり漸く半ば。やがて前途に横たわるのは大海原にも似た通天河。そこに住む魔王は一年一度の祭りに男子・女子一人ずつを食べるという。早速悟空・八戒が身を変え、見事二人の子どもを救う。

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}

oooシブヤをよく知る為のサイトooo ネット証券比較っすooo 千葉県の天然記念物一覧ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 千葉文化ぶんか!ooo ショッピング 検索ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo 千葉市のプール一覧ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo 千葉のちょっといい景色ooo アキバ中毒のページooo 荒川区の情報を調べる会ooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 住宅ローンのことooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 新鮮 魚料理を食すooo 使えるフリーメール比較ooo ~新宿 Live House~ooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo